通貨の種類 ビットコイン

ビットコインでできること

投稿日:

新たな通貨 ビットコイン

ビットコインは仮想通貨のひとつですが、仮想通貨というのは簡単に言うと、ネット上で使用できる新しい通貨・お金のこと。

ネット上で使用できるお金として思い浮かべることができるものと言うと、Tポイントとか楽天ポイントなどのポイントシステムとか、チャージ(入金)して使う電子マネーとかがありますよね。

ですが、実はそれらとは違うものなんです。

どのように違うかというと、たとえばポイントの場合は1ポイント=1円などのように価値が変わることがありません。

電子マネーの場合、入金している以上の価値になったり、以下の価値になることはありません。

100円チャージすれば、100円の価値のみです。

ですが通貨の場合、日本円とかドル、ユーロなどのように世界各国の通貨が日々価値が変動するように、ビットコインも価値が日々変動していきます。

ではその価値は誰が決めているのでしょうか?

世界各国の通貨の場合、その通貨を発行している国の情勢によって左右されてしまいますが、ビットコインの場合はそんなことがありません。

ズバリ、ビットコインの価値を決めるのは世界中のビットコインを取引している人々です。

また取引は365日24時間いつでも可能なので、価値は常に変動し続けています。

ビットコインで決済できる

ビットコインは「お金」なわけですから、ビットコインで物を買うこともできます。

すでにビットコイン決済を可能にしている企業もたくさんあります。

ビックカメラ、コジマがビットコイン決済を始めたというニュースを聞いたことはありませんか?

他にもDELLやMicrosoft、DMM.com、H.I.S.などの有名企業やネット通販だけじゃなく、地場企業や実店舗などにも普及し始めています。

まだまだ多いとは言えないかもしれませんが、ビットコインはいずれ世界中で広がっていくと思われ、市場もそれにつれてどんどん伸びていくでしょう。

ビットコインには管理者がいない

ビットコインの一番の特徴とも言えるのが「管理者がいない」ということでしょう。

国や銀行が発行している通貨は、国や銀行が管理しています。

たとえば日本円で言えば日本銀行が金融規制や金融緩和や日本円の発行によって管理しています。

ですが、ビットコインは国や銀行が管理していないので、各国の間で取引が簡単に行うことができます。

すると、海外送金が他の通貨よりも手数料が安くなります。

これはビットコインが広まる一つの理由かもしれません。

たとえば、海外留学中の子供に仕送りしたい場合、ビットコインで行えば迅速に安く送金できます。

日本国内にいると必要性を感じにくいのですが、海外留学の多い外国の方々にとっては非常に便利な通貨で、それだけ身近に感じられますよね。







-通貨の種類, ビットコイン

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.