通貨の種類 ビットコイン

ブロックチェーンってなに?

更新日:

ブロックチェーンとは

ビットコインを語る上で欠かせない「ブロックチェーン」という技術。

普段の生活では聞きなれない言葉ではありますが、ブロックチェーンという技術こそがビットコインの真骨頂。

革命的な仮想通貨と言われる理由の一つでしょう。

 

ブロックチェーンというのは、わかりやすく言えば「台帳」のようなもの。

簿記とかをかじっていたり、家計簿をつけている人なら聞いたことがあると思いますが、台帳というと一般的には取引の内容を全て記録して不正がないようにするためのものですよね。

ブロックチェーンも、それと同じものと考えてもらっていいでしょう。

ビットコインのブロックチェーンも運用開始から今現在までの全ての取引が記録されています。

ブロックチェーンの「チェーン」ですが、直訳のとおり「鎖」の意味。

ブロックが鎖のように繋がっているイメージです。

ブロック一つ一つはビットコインの取引データが詳細に記録されているのですが、そのブロックを分散して複数のデータベースに保存されているわけです。

 

余談ですが、ブロックチェーンがデータを分散させて記録しているのに対して、一括でデータ管理しているものもあります。

銀行をイメージしてみてください。

銀行は口座データを含んだ全ての記録を銀行のデータベース上で行っています。

これは「銀行は不正しない」という信頼をベースにして成り立つシステムですよね。

このシステムを「中央管理型」といいます。

話を戻して、ビットコインのブロックチェーン技術をもう少し詳しく紹介します。

ブロックチェーンは管理コストが安い

先ほど余談で紹介した「中央管理型」の場合、膨大な量のデータを一つのデータベースで管理する必要があるので、必然的にコストが高額になります。

大量の機器を用意する必要があるのはもちろんのこと、セキュリティの維持にもコストがかかってきます。

対するブロックチェーン技術では記録はビットコイン取引を行った各コンピュータで管理されることになるので、大幅なコスト削減が期待できるのです。

各取引データの公開

ビットコインの取引データはブロックチェーン技術上では「トランザクション」と呼ばれているのですが、トランザクションは全世界に公開されていて、世界中のだれでも確認できます。

取引データが公開されていると聞くと、不安に感じることもあるかもしれませんが、心配は無用。

トランザクションは「ハッシュ関数」と呼ばれる暗号化技術によって暗号化されていて、盗まれたり改ざんされたりする危険性はありません。

 







-通貨の種類, ビットコイン

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.