FX

FX口座開設のやり方

更新日:

FX口座の開設方法

FX口座の開設方法は、だいたいどの口座も同じような方法なので簡単に説明しますね。

大体は下の図のような流れになります。

1.申込フォームの入力

申込フォームの入力には最短でも5分程度と短いものがほとんどで、フォーム内で指定された必要事項を入力していけば大丈夫です。

2.本人確認書類

サイトで指定している本人確認書類が必要です。

ほとんどのサイトで採用している書類には、マイナンバーや運転免許証、パスポートなどの公的身分証明書があります。

必ず必要なので事前に準備しておくとスムーズに開設できますよ。

メールやFAX、郵送など提出方法がサイトによって違うので、サイトの指示に従って送ってください。

郵送の場合時間がかかる上、送り忘れ、不手際があるといつまでも開設できないので注意して投函してくださいね。

3.パスワードの発行

申込フォームの送信が完了すると、取引用のパスワードがサイトから送られてきます。

サイトによって送付方法が違うので、こちらもどのような方法で送られてくるのか確認しておこうね。

メールの場合、迷惑メールに入っていた、もしくは迷惑メール扱いで受信できなくなっていたという場合がありますので、事前に迷惑メール自動振分けを解除しておいたり、ホワイトリストに登録しておくなどメールが受け取りできる環境にあるかも確認しておいてね。

4.取引を始めよう

口座登録するときに登録した口座に入金をするか、クイック入金をするかを選択することができます。

取引ができるのは入金が反映した直後から行えるよ。

口座開設に必要なものって?

口座開設に絶対必要なのがマイナンバーと身分証明書です。

  1. 個人番号カードやマイナンバー通知カードなどのマイナンバーが確認できるもの
  2. 運転免許証はパスポートなどの公の本人確認書類、身分証明書

FX口座は銀行口座開設のように厳しいものではありません。

必要書類もサイトからアップロードやメールなどでも受付してくれます。

ID、パスワード発行後はどうするの?

ほとんどのサイトは申込フォーム送信後、マイページにログインするためのIDとパスワードがメールで送られてきます。

だいたい3日~1週間ほどで取引できるようになりますが、サイトによっては住所確認のために転送不要書留が送られてきて受け取りが確認されるまで取引できない、もしくは利用が制限される場合もあります。

取引は口座かクイック入金でお金を入金しないと始められないよ。

取引ができるようになるまではデモトレードなどで利用できるチャートやツールを実際に見て使ってみたりして、経験を積んでおこう。

入金が反映したら取引してみよう!

証拠金の入金が反映したら実際に取引を始められます。

クイック入金の方が口座入金よりも早く反映されやすい傾向にあるようです。

トレードしたい通貨のペアを選択して注文画面から売り・買いが行えます。

まずは「FX初心者向けの低リスク運用法!」の記事を参考に、取引を初めて見てください。

FXを行う上で忘れてはいけない重要なことを「FXを開始する前に必要なものとは」の記事に書いていますので、こちらも確認しておいてくださいね。

当サイトでなんども言っていますが、初めての取引は必ず少額で始めましょう

ツールの使い方、チャートの見方を実際に見て触れて経験し、慣れてきてから徐々に本格的な取引を行っていきましょう。







-FX

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.