通貨の種類 ライトコイン

ライトコインとは

投稿日:

ライトコインの特徴

ライトコインは2011年に元Googleのエンジニアだったチャーリー・リー氏が公開した仮想通貨で、ビットコイン以外では仮想通貨の先駆けともいえるコインです。

また、チャーリー・リー氏が開発者であり、大手ゲーム配信サービスの「Steam」の支払いをライトコイン対応にしたことで、ライトコインは大きく値上がりしました。

余談ですが「Steam」はライトコインでの支払い対応した際、同時にビットコインでの支払い対応を中止すると発表したことでビットコインの値が下がったほど大手のゲーム配信サービスです。

チャーリー・リー氏はビットコインについて価格変動(ボラティリティ)が大きすぎると指摘したことで、ビットコインの支払い対応が中止になったようです。

たしかにライトコインの価格変動を見るとビットコインに比べて比較的変動が少なく大人しい動きをしています。

取引時間も短縮設計となっていて、ビットコインよりも実用的なためライトコインを採用したようです。

取引時間の短縮

ライトコインの特徴として、前述したとおりビットコインに比べると圧倒的に取引時間が短縮されます。

ビットコインは送金完了までに約10分間の作業時間がかかります。

実際にお金を払ったときのことを想像すると、決済に10分間もかかったら気軽に買い物する気になりますか?

リアル決済でもビットコインが使えるお店が増えていますが、承認にかかる時間はビットコインの普及に大きな障害となっているのがわかるでしょう。

対するライトコインは取引時間が約2分半ほどです。

ビットコインの約1/4の時間で取引が出来るわけです。

こうなると仮想通貨を決済に使用したいと思う企業はどのコインを選ぶか想像に難くないと思いませんか?

発行上限枚数の多さ

ビットコインの発行上限枚数が2100万枚というのは有名なお話。

対するライトコインの発行上限枚数は8400万枚でビットコインの約4倍です。

まだ発行枚数はそこまで達してはいないものの、もしライトコインがビットコインと同じバランスで需要と供給があった場合、ライトコインの価値はビットコインのおよそ4倍になる可能性もあります。







-通貨の種類, ライトコイン

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.