知っておきたい知識・情報 投資

投資や投機で稼ぐことはできるのか?

更新日:

投資と投機って稼げるの?

当サイトでは主婦の方でも稼げる方法を紹介していますが、新しいカテゴリとして投資を設けました。

投資というと「楽して儲ける」とか「お金持ちの人だけがやるもの」とか「詐欺」などのイメージがあって、なかなかやってみようという気になれないという方もいるようです。

そこで、投資とか投機とかって「本当に稼げるのか」「主婦でもできるのか」についてお話しします。

そもそも稼ぐと儲けるの違いは?

まず「稼ぐ」とか「儲ける」とかをきちんと区別している方も少ないと思うので、こちらの違いについて。

「稼ぐ」も「儲ける」も収入や利益を得るという意味は共通しています。

ですが、「稼ぐ」というのは地道にコツコツと精を出して収入や利益を得る。

いわゆる「努力して得る」という意味合いです。

努力を続ければ継続して収益を得ることが出来るものも「稼ぐ」となります。

反対に「儲ける」というのは「チャンス」や「予想外」によって一時的に収入や利益を得ることで、一時的な収益をいいます。

このように聞くと、なんとなくギャンブルや宝くじなどは稼ぐというよりも儲けるに当たるとわかりますよね?

ところで「ギャンブルや宝くじ」は投資でしょうか?投機でしょうか?

「FXや仮想通貨、株や投資信託」はどちら?

そもそも投資と投機ってどう違うのでしょうか。

それについて掘り下げていきましょう。

投資と投機の違い

投資と投機は言葉や振る舞いが似ていますが、意味合いが違います。

投資も投機も共通する「振る舞い」としては「未来の収益を見込んで資金を投下する」ことです。

ですが、「どこを見て(どこに対して)」資金を投下するのかに投資と投機に違いが出てきます。

投資の場合は「将来収益を生み出す可能性が高いもの」に対して資金を投下すること。

対して投機の場合は「景気や価値、状態の推移を見て収益を生み出す可能性の高いもの」に対して資金を投下することです。

株で考えると投資は将来成長するであろう企業の株を購入することで、投機は株価の推移によって株の売り買いをすることに当たるでしょう。

投資の場合、短期保有はリスクが高く、中長期的に保有することでリスクを下げることができます。

また株価の推移によって株の売り買いをする方法ですが、しっかりとした知識と計算・計画、継続的に行うことは必ずしも投機とはいえず、継続した収益を生んでいる場合は投資と言えます。

また投資と投機の違いでもっとも異なるのがリスクとリターンの高低と損益システムです。

投資は中長期的に行うことでリスクを大幅に減らすことができますが、リターンも低めです。

投機はリスクを減らしにくい分ハイリターンが見込めます。

そして損益のシステムとしては、投機の場合ゼロサムゲーム、投資は非ゼロサムゲームであるということです。

この損益システムを紹介する前に先ほどの問題について答えておきたいと思います。

「ギャンブルや宝くじは投資か投機か?」ですが、これはほぼ投機と言えます。

わかりやすくギャンブルである投機と株の投資で損益システムを紹介します。

たとえば投機であるギャンブルの損益システムは以下のとおりになります。

胴元が集まったお金の半分、勝者1人が残り半分、敗者は貰えないというゲームをします。

10人の人が参加して100円ずつ資金を投下し、合計で1000円のお金が集まりました。

胴元である主催者が手数料として内半分の500円を取り、勝者の1人が500円をもらい400円の儲け、負けた9人はもらえず100円損をしました。

宝くじはこの胴元である国が約半分近くを取っていますし、パチンコなどは業者によっても違いますが90%近くが取られています。

ギャンブルがどれほど儲けにくいかがよくわかるシステムですよね。(´Д`;)

投機は集まったお金を100とした場合、胴元の手数料を除いた100以下を参加者で取り合うものです。

投資は投下したもの自体が収益を生んでいきますので、集めたお金が増えていきます。

投資である株の損益システムは以下のとおりです。

ある企業が将来有望な事業を行う資金を集めるために株を発行したので、10,000円で購入しました。

企業は順調に成長し、毎年100円の配当金や株主優待券がもらえ、株価も20,000円になりました。

と、これほど順調に利益を得ることはまずないとは言えますが、システムとしてはこんな感じです。

もちろん全ての企業が成長するわけではないので、投資であっても倒産や株価が0になってしまうリスクがあります。

さてFXや仮想通貨、株や投資信託はどちらかというと、FXや仮想通貨、株のデイトレードは投機に近いですが、しっかりとした知識と計算、計画があれば投資に近づけることができます。

FXのスワップ目的や株の中長期保有、投資信託は投資にあたるでしょう。

絶対儲かる、100%稼げるというシステムは絶対にない!

稼ぐか儲けるか、投資にするか投機にするか、どちらにするかは別として絶対に儲かるとか100%稼げるというシステムに引っかかる人は古今東西どこにでもいつの時代にもいます。

最近でも投資詐欺が発覚していますよね!

当サイトで言えることは「絶対儲かる」とか「100%稼げる」とかはもちろん「永久に利益を稼ぎ続ける」なんてシステムは絶対にありません!

絶対大丈夫と信じてならない人もたくさんいるタンス貯金ですら、元金保証にすらならないというのがわたしの持論です。

物価は年々高くなります。

今の1円は明治時代だと約2万円ほどの価値があると言われています。

つまり物価は150年で2万倍になったということです。

総務省の計算でも2018年の物価上昇率は前年に比べて1%上昇していると公表されています。

つまり100万円のタンス貯金が去年よりも1万円も価値が下がっているということです。

銀行に貯金していても0金利の日本円の場合はタンス貯金と変わらないどころか、入出金や振込などで使用すれば手数料でさらにマイナスに。

サラリーマンやOL、パートなどで外で働く人でも、会社の倒産や降格、降給、リストラ、給料の不払いなどのリスクを背負っています。

この世の中に確実に儲かる、稼げる方法などないのです。

もしも「確実です」「100%です」「元金保証です」などの儲け話を聞かされたときは、注意してくださいね!







-知っておきたい知識・情報, 投資

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.