仮想通貨 知っておきたい知識・情報

仮想通貨のリスク-取引所リスクとは

投稿日:

取引所からの仮想通貨流出リスク

仮想通貨に興味のある人であれば、仮想通貨が流出した、不正引き出しなどのニュースを聞いたことがあるのではないでしょうか?

こういった事件を見ると、ほとんどは仮想通貨取引所がハッキングを受けて流出や不正引き出しの被害に合っているようで、決して珍しい事件ではありません。

ビットコインなどの仮想通貨自体はブロックチェーン(分散型台帳)によって守られているので、ブロックチェーン自体がハッキングを受けて抜き取られるという心配はありません。

問題になるのは仮想通貨取引所による流出リスクとなるでしょう。

取引所の仕組みとリスクの関係性

ハッキングによる外部からの攻撃

取引所からの流出リスクは取引所の送金の仕組みがとても関係しています。

仮想通貨を送金するときに重要になるのが「シークレットキー(秘密鍵)」と「アクセスキー(公開鍵)」。

暗号化技術と呼ばれていて、この二つがないと安全な取引を行うことができません。

またこの二つの鍵は基本的にペアで管理され、アクセスキーは誰もが見ることができるのですが、シークレットキーは誰にも知られないように管理をする必要があります。

シークレットキーを使って暗号化されたものは、それを暗号化したシークレットキーでしか正しい形で受け取れないので、他人に見られても抜き取られる可能性を極めて低くすることができるのです。

つまりシークレットキーを知っている人のみが仮想通貨を出金することができるという仕組みになっています。

では、このシークレットキーが流出してしまった場合どうでしょう。

シークレットキーを知った人はだれでもその通貨を受け取れるということですね。

また本来であればこのシークレットキーは個人で管理する必要があるのですが、取引所を使うとその管理を取引所任せにしているということになります。

シークレットキーを管理している取引所がハッキング攻撃を受けて、シークレットキーが流出すると被害を受けてしまうリスクが出てくるわけです。

内部による不正や横領

外部からのハッキング攻撃だけが脅威となるわけでもありません。

取引所自体が不正や横領をするという可能性もあることを忘れてはいけません。

以前、マウントゴックス事件という日本でも有名になった事件があります。

この事件は経営者によるビットコインの横領が疑われており、日本ではこの事件をきっかけに仮想通貨取引所の金融庁への登録義務化が始まりました。

ただし日本でも登録していない、もしくは認可が下りていない取引所もあるので注意が必要です。

仮想通貨取引所の法整備と認可登録

例えば2018年1月に発生した世界最高額約580億円の流出事件を起こしたCoinCheck(コインチェック)は日本の取引所ですが、発生した当時はまだ認可が下りていない取引所でした(※現在は認可済)。

海外の仮想通貨取引所は本社のある国によっては、法律整備が整っていない可能性もあります。

たとえば2019年5月に発生した約44億円を流出した取引所は世界最大の取引所であるBinance(バイナンス)というマルタ共和国に本社をおく取引所です。

世界最大の取引所ですら被害が出ていますので、やはり取引所リスクはどの取引所を使っていても起こり得るリスクなのです。

世界各国での事件で有名な流出事件の中でも物議を醸したのがBitfinex(ビットフィネックス)という香港の取引所で2018年でも世界第5位を誇る大手取引所です。

事件は2016年8月に当時の金額で約77億円相当のビットコインが流出しました。

当時取引所は被害ユーザーへの補償のアナウンスのみで、どのような経緯でこの事件が起きたのかなにも公式発表がありませんでした。

また「セキュリティには何も問題はなかった」「サーバーに侵入された形跡がなかった」と発表しているので、どこでどのように流出したのかもわかっていませんし、被害にあったユーザーへの補償のために被害に遭っていないユーザーにも一律で約36%の資産を徴収するなど、取引所への不信感を募らせるような対応がなされました(※徴収した資産を返済、および被害補償するためのトークンが発行され、244日間で完済されています)。

このように、取引所に対しては常にこういったリスクがあることを認識しておきましょう。

取引所流出リスクに対する対策は?

取引所に保管している仮想通貨は必要以上に預けっぱなしにしないことです。

しばらく取引をしない、または普段これぐらいあれば十分という量だけ残して残りを保管するという場合であれば、オフラインのウォレットに保管しておくことです。

オフラインのウォレットにはUSBメモリ型などのハードウェアウォレットや紙に印刷しておくペーパーウォレットなどがあります。

ハードウエアウォレットやペーパーウォレットはオンライン上にないのでハッキングなどのリスクはなくなりますが、物理的に紛失してしまうと取引できないというリスクが発生しますので、保管には十分注意してくださいね。







-仮想通貨, 知っておきたい知識・情報

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.