通貨の種類 イーサリアム

イーサリアムとは

更新日:

イーサリアムの概要

ビットコインに次いで人気が高い仮想通貨にはイーサリアムというコインがあります。
もしかしたら「イーサ」や「イーサー」などの名前でも聞いたことがあるかもしれませんね。
じわじわと評判が上がっていて、ICOでも取引の基軸通貨として使用されるようになってきました。
では、イーサリアムってどんな仮想通貨か紹介していきますね。

さてイーサリアムですが、実は厳密に言うとイーサリアムっていうのは仮想通貨の名称ではないんです。

2014年に「イーサリアムプロジェクト」という計画が始まり、イーサリアムという言葉をここから取ったものなんですね。
で、そのプロジェクトで必要になったのが「イーサー」というコインなんです。

イーサーはICOの基軸通貨として使用されることで、仮想通貨の中でもビットコインに次ぐ時価総額規模になり、現在ではイーサーをイーサリアムと呼ばれることが多くなりました。

当サイトでも、イーサーをイーサリアムと呼ばせていただきますね。

イーサリアムの特徴 スマートコントラクト

イーサリアムの特徴をご紹介しますね。
イーサリアムが使用している技術は「スマートコントラクト」と呼ばれる技術なのですが、直訳すると「スマートな契約」。
スマートには「洗練された」とか「高機能な」などの意味があるので、洗練された高機能な契約と言ったところでしょうか。
ビットコインの記事で紹介したブロックチェーン技術を応用した技術はたくさんあるのですが、スマートコントラクトはそのうちの一つ。
スマートコントラクトはブロックチェーン上に取引情報だけじゃなくて、契約情報も書き込んでいくという技術です。

スマートコントラクトでは、取引を行ううえで必要な契約が自動で行われます。
その契約内容は全世界に公開されていて、誰でも見ることができます。
そうやって契約実行に信頼性を持たせ、イーサリアムはビットコインに次ぐ大規模コインに成長していきました。

イーサリアムの承認アルゴリズム

イーサリアムの特徴を語る上で、有名なのが承認アルゴリズムです。
承認アルゴリズムはPoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)というアルゴリズムが有名で、これはマイニングに関する用語です。

たとえば、ビットコインの承認アルゴリズムはPoW(Proof of Work)を使用しています。
直訳すると「仕事量の証明」と言う意味なのですが、言葉の通り頑張れば頑張っただけ報酬が貰えるということ。
より早く、より多くのマイニングを行うと、それだけビットコインが支払われるという仕組みなんです。
そのため世界各国のマイナーたちは、大量の端末を用意してひたすらマイニングに明け暮れています。
現在ビットコインのマイニングは処理能力の高いパソコンを何台も使わないと、とてもじゃありませんが追いつけない状況にあります。

対してイーサリアムが使用している承認アルゴリズムがPoS(Proof of Stake)です。
直訳すると「保育による証明」。
どういうことかというと、通貨の保有額と保有する期間の長さに応じて算出された報酬が支払われます。
より多くのイーサリアムをより長い期間持っている人がたくさん報酬を得られるという仕組みです。
この仕組みによって、イーサリアムの普及が続いているのです。







-通貨の種類, イーサリアム

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.