通貨の種類 ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは

更新日:

ビットコインキャッシュについて

その名前からわかるかと思いますが、ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからハードフォーク(分岐)した仮想通貨です。

ビットコインからハードフォークした仮想通貨はいくつかあるのですが、その中の一つです。

今回の記事では、このビットコインキャッシュの特徴をご紹介します。

ビットコインキャッシュの誕生

ビットコインキャッシュは前述したとおり、2017年8月にビットコインからハードフォークして誕生したのですが、どうしてハードフォークしたのか。

それは、大元のビットコインの取引量が増大したことがもっとも大きな要因といえます。

取引量が増えるとどういうことが起こるかというと、取引スピードが低下してしまうんです。

そのため、取引スピードの回復とビットコインの機能を追加を目標に開発されたのがビットコインキャッシュというわけですね。

なので、ビットコインとビットコインキャッシュには異なる点があり、その中でも大きく違うのが2点あります。

  1. 1つのブロックサイズが大きい
  2. Segwitの不実装

この2点をもうちょっと詳しく紹介します。

1つのブロックサイズが大きい

ブロックチェーンを構成しているブロックの最大容量が、ビットコインのサイズに比べてビットコインキャッシュのサイズがかなり大きいです。

ビットコインは1MBですが、対してビットコインキャッシュは8MBなので、約8倍ということになります。

ブロックが大きいと取引スピードが速いので、取引スピードの遅延を解消することが期待できます。

Segwitの不実装

ビットコインにはSegwitというブロック内の情報を圧縮保管する機能が実装されているのですが、ビットコインキャッシュはこのSegwitを実装していません。

取引スピードの回復を目標としているのはビットコインキャッシュだから、実装していない方が取引スピードが高いのかと思われる方もいるかもしれませんが、これは実装している方が速いんです。

というのもビットコインの支持団体はこのSegwitで取引スピードの遅延を解消しようとしたのですが、その施策を反対する人たちもおり、その人たちがビットコインからハードフォークを行い、ビットコインキャッシュが誕生したのです。

ビットコインキャッシュの価格推移と動向

ビットコインキャッシュは誕生して3ヶ月ほどで急騰したのですが、その後は比較的安定した価格推移が見られています。

急騰した理由はさらにハードフォークが起こると予想されたことが一つの要因になったといわれています。

そもそもビットコインキャッシュはビットコインからのハードフォークによって誕生したわけですが、さらにビットコインキャッシュからハードフォークしてビットコインキャッシュクラッシックが誕生するのではないかと予想されたのです。

ハードフォークが起こると予想されると価格が急騰するという話は以前の記事で紹介したとおりです。

さらに仮想通貨用のウォレットを運営しているBitcoin.comのCEOであり、ビットコイン界の神だったりキリストまたは伝道師とも呼ばれるほどの投資家であるロジャー・バー氏がビットコインキャッシュを支持する様子が、下記の彼の発言の一部からもうかがえます。

「ビットコインとビットコインキャッシュの技術的な違いは、一般の人々にとってほとんど関係ないが、長期的に見ると一番利便性の高いコインの時価総額が一番高くなる。またビットコインキャッシュが採用したブロックサイズを大きくする、という策は利便性の意味で、ビットコインに勝っている。」

このような人物の発言によって、ビットコインキャッシュの価格推移に大きく影響を与えています。

いずれビットコインキャッシュが大元のビットコインを越えると見ている投資家も少なくありませんので、仮想通貨による投資を考えているのであれば今後の動向に目を光らせておきたい仮想通貨の一つといえるでしょう。







-通貨の種類, ビットコインキャッシュ

Copyright© 主婦にぴったり!おうちで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.